メニュー

クリニック紹介

ご挨拶

院長紹介

診療理念

 

ご挨拶

この度、相模原市橋本に山内メディカルクリニックを開院いたしました。
これまで大学病院・市中病院で一般内科・消化器内科医として多くの経験を積んできました。
当クリニックは消化器癌を早期発見するために、内視鏡検査に力を入れております。食道癌・胃癌・大腸癌のみならず、膵癌・胆道癌の早期発見にも力を入れており、超音波内視鏡検査を行う事が出来ます。
今までの経験を活かし、少しでも地域の皆様の健康維持に貢献できればと思います。

院長 山内浩史

院長紹介

略歴

2007年3月 北里大学医学部卒業
2007年4月 北里大学病院勤務 (初期研修医)
2009年4月 北里大学医学部消化器内科入局
2009年4月 平塚共済病院勤務 (後期研修医)
2010年4月 北里大学医学部消化器内科学 病棟医
2013年4月 伊勢原協同病院 消化器内科勤務
2014年4月 北里大学医学部消化器内科学 研究員
2016年3月 医学博士取得
2018年1月 北里大学医学部消化器内科学 診療講師
2019年4月 北里大学救命救急災害医療センター勤務
2020年4月 相模原協同病院 消化器内科勤務

所属学会・資格

  • 日本内科学会 認定医
  • 日本消化器内視鏡学会 指導医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本膵臓学会 指導医
  • 日本胆道学会 指導医
  • 医学博士

業績

・論文

・執筆

・主な学会発表

 

診療理念

消化器癌の早期発見・早期治療 

 消化器癌を早期発見し早期治療につなげ、多くの命を救うこと。これを診療における当クリニックの第一の理念としています。

 胃癌や大腸癌などの消化管の癌は早期であれば、お腹を切ることのない患者様にとって負担の少ない内視鏡治療で根治が可能です。それには早期発見が必須になります。そのために、当院では経験豊富な内視鏡医が高画質な内視鏡機器(内視鏡の項参照)を用いて検査・治療を行います。

 さらに胃カメラ・大腸カメラに加えて膵臓癌の早期発見に有用とされる超音波内視鏡検査を行っています。癌腫の中でも最も早期発見が難しく、治療成績が悪いとされている膵臓癌の早期発見に力を入れています。

 

専門性の高い胆膵疾患診療

 一般的な食道・胃・大腸・肝臓などの消化器疾患はもちろんのこと、クリニックでは比較的稀な、胆道(胆管・胆のう)・膵臓疾患診療も得意としております。今までの経験で培ってきた技術をより地域の皆様に還元できるように、クリニックではまだまだ導入が進んでいない超音波内視鏡を導入しています。

 先人達の努力、医療機器の進歩で、近年では胃癌・大腸癌は早期で発見される機会が多くなってきました。しかしながら、胆膵癌(胆管癌、胆のう癌、膵臓癌)、中でも膵臓癌の早期発見は極めて難しいとされています。膵臓という臓器の場所や特性などから確かに早期発見は容易な事ではありません。しかしながら、この背景には、胆膵を専門にしている医師がまだクリニックには少ない事、またクリニックに普及している医療機器では正確な膵臓の評価が難しい点などもあげられます。私は大学病院で胆膵疾患を専門に診療に従事しておりました。開業にあたり、地域医療にその技術と経験を還元出来たら、より多くの膵臓癌の患者様を救うことが出来るのではないかと考え、超音波内視鏡検査を導入しました。この検査は、内視鏡の先端に超音波が装備された特殊な内視鏡を使用します。そして、より膵臓に近い胃や十二指腸から超音波をあてて膵臓を観察することが出来るため、より細かく膵臓を観察することが出来ます。そのため膵臓癌の早期診断に有用であると報告されています。膵臓癌の早期発見は消化器の分野の中でも最も難しいと言われている分野ですが、少しでも多くの早期の胆膵癌を発見し根治する患者様を増やすことが、当クリニックの役割の一つだと考えています。

 

消化器内科的アプローチを含めた生活習慣病治療

 高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満症、高尿酸血症などの生活習慣病は、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血)、心疾患(狭心症・心筋梗塞)、脂肪肝、慢性腎機能障害、痛風などのリスクとなります。適切に治療することで、これら病気にかかるリスクを下げることが出来ます。一般的な内服加療や生活習慣の改善指導などはもちろんのこと、消化器内科ならではのアプローチも行っております。

 糖尿病の発症、悪化には膵臓の機能が関与している可能性があります。特に見落としてはいけないのは膵癌です。膵臓癌は高い確率で糖尿病を発症します。発症時もしくは悪化した場合には、常に膵臓の変化を気にする必要があります。当院は、膵臓疾患を得意としているため、一般的なアプローチに加えて膵臓疾患の有無に関しても検査を行います。

 肥満症には便秘が関係している場合があります。生活習慣の改善や内服治療を行う事で、適切な排便習慣を身につけることが肥満症の治療の第一歩であると考えています。

 また近年、生活習慣病と腸内フローラの関連が報告されています。腸内フローラの分析を行い、生活習慣へのアドバイスも行います。

 

気軽に相談できるクリニック

 クリニックの医師が患者様に安心と健康をお届けするには、まず受診してもらうことが必要です。こんな事で受診したら呆れられるかもしれない、怒られるかもしれないと、クリニック受診の敷居が高いものになればなる程、受診が遅れ、場合によっては病気が治る可能性は失われてしまいます。このクリニックに行けば解決してくれる、とりあえず相談してみよう、そう思って頂けるようなクリニックを目指します。

 消化器内科が専門ですが、一般的な内科疾患の診断治療にも従事してきました。現在は医学の進歩により多くの事が解明されてきました。それに伴い現在の医療は細分化され、全ての分野を極めることは不可能です。症状に応じ私の力が及ばない場合もあります。その場合には適切な診療科を選択し、連携病院や近隣のクリニック様の力を借りながら患者様の健康維持に寄与します。

 

患者様の利便性をよくする 

 医療機関を受診するというと、半日がかりになってしまう。とにかく待ち時間が長い。待ち時間が長い割に診察はあっという間に終わってしまう。診察後にも受付から全然呼ばれない、いったい何をしているのだろう。これはよく患者様から耳にするご意見です。

 当クリニックでは、少しでも待ち時間が減るようにホームページから診察予約が可能です。また会計での待ち時間を短縮できるように自動精算機を導入しています。

 さらに診察予約と同時に問診が可能です。医療機関を受診すると緊張してしまい、言いたいことを言えない、後からこれも言っておけば良かった、となりがちです。そうならないように、クリニックに向かう道中や空いている時間を活用して、言い忘れのないように問診システムを導入しました。

 また、クリニックを受診したら風邪がうつってしまった。これでは本末転倒です。当クリニックでは各フロアに質の高い空気殺菌器を設置し院内感染を可能な限り防ぐ努力をしています。

 こういった努力で患者様の利便性を少しでも確保できればと考えております。

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME